ドイツを代表する世界トップ10入りブランド OLAF BENZ オラフベンツ RED2066 !超美品再入荷品質至上! Minipants Black ローライズボクサーパンツ 4620円 ドイツを代表する世界トップ10入りブランド OLAF BENZ オラフベンツ ローライズボクサーパンツ RED2066 Black Minipants インナー・下着・ナイトウェア メンズ インナー・下着 ボクサーパンツ Black,オラフベンツ,/gizzern418763.html,4620円,OLAF,BENZ,Minipants,インナー・下着・ナイトウェア , メンズ , インナー・下着 , ボクサーパンツ,ドイツを代表する世界トップ10入りブランド,ローライズボクサーパンツ,blog.capstonefostercare.co.uk,RED2066 ドイツを代表する世界トップ10入りブランド OLAF BENZ オラフベンツ RED2066 !超美品再入荷品質至上! Minipants Black ローライズボクサーパンツ 4620円 ドイツを代表する世界トップ10入りブランド OLAF BENZ オラフベンツ ローライズボクサーパンツ RED2066 Black Minipants インナー・下着・ナイトウェア メンズ インナー・下着 ボクサーパンツ Black,オラフベンツ,/gizzern418763.html,4620円,OLAF,BENZ,Minipants,インナー・下着・ナイトウェア , メンズ , インナー・下着 , ボクサーパンツ,ドイツを代表する世界トップ10入りブランド,ローライズボクサーパンツ,blog.capstonefostercare.co.uk,RED2066

ドイツを代表する世界トップ10入りブランド OLAF 訳あり商品 BENZ オラフベンツ RED2066 超美品再入荷品質至上 Minipants Black ローライズボクサーパンツ

ドイツを代表する世界トップ10入りブランド OLAF BENZ オラフベンツ ローライズボクサーパンツ RED2066 Black Minipants

4620円

ドイツを代表する世界トップ10入りブランド OLAF BENZ オラフベンツ ローライズボクサーパンツ RED2066 Black Minipants





ギフト対応ラッピング対応
オラフベンツのMinipants。
こだわりの下着を是非一枚いかがでしょう。
締め付け感はなく、本物を求める人の為のアンダーウェアです。

ドイツを代表するブランドの【OLAF BENZ】(オラフベンツ)。
スタイリストのAlfons Kreuzer氏によって1988年に登場しました。
彼は他にも、グラフィックデザイナー、カメラマンとしても活躍しています。
赤をメインカラーとし、若くて、知的で忙しく、そして、ファッションに敏感な人々をターゲットに人気を集めてきました。
そして、2000年には、ドイツのオリンピックチームの公式用品に選ばれ、今や、世界のトップ10のうちの1ブランドです。
美しく見える為に計算されたデザイン、そして履き心地をぜひお楽しみ下さい。


■サイズ■
S ウエスト 68-78 cm
M ウエスト 74-84 cm
L ウエスト 82-92 cm

■素材本体■
ナイロン   89%
ポリウレタン 11%

MADE IN GERMANY

ドイツを代表する世界トップ10入りブランド OLAF BENZ オラフベンツ ローライズボクサーパンツ RED2066 Black Minipants

新着情報

NEWS

お知らせ

INFOMATION

組合の概要

平成2年3月に十勝管内16組合(帯広市・中札内村・更別村・忠類村・大樹町・広尾町・芽室町・清水町・新得町・鹿追町・上士幌町・池田町・浦幌町・本別町・足寄町・陸別町)が、組織基盤の強化と効率的な運営をめざして『十勝農業共済組合』を発足しました。その後、組合員の負託に応えるため更なる基盤の確立を図って足腰の強い組合作りを目指し、平成11年2月に新たな『十勝農業共済組合』(旧十勝・音更町・幕別町・豊頃町)として再スタートし、平成29年3月には士幌町との組織再編により組合の区域を十勝管内全19市町村に拡大し、本所と6事業所体制のもと、農作物・家畜・畑作物共済等を行っている広域組合です。

事業の概要

十勝の農業

十勝は、北海道の東部、太平洋側に位置し、西に日高山脈、北は大雪山系を背景に、南と東は太平洋に接する広大な地理的環境にあります。夏は比較的暖かく高気温となりますが、冬の寒さが厳しく積雪は少ないものの地下凍結が著しい地帯で、内陸部とその他の地域とで気象条件が異なることから内陸部は畑作主体の農業経営が多く、沿岸部と山麓部では酪農主体とした経営形態にあります。また、十勝の農業粗生産額は北海道の約24%を占め、中でも畑作物(小麦・ばれいしょ・豆類・てん菜など)の割合はその約51%、畜産部門が約49%となっており、日本最大の食料供給基地として十勝経済を支える基幹産業となっています。